カテゴリ: 山あげ祭

7月31日(水)
仲町十文字で大祓人形(輪くぐり)がありました。

私達は日常の生活の中にいつのまにか日に見えない罪穢を犯して災難の原因を作ってます。
その原因を神様にお願いして祓い清め、身を損なわぬ様にし、長寿を保ち、一族一家の平安を折り幸福の原因を作るのが「大祓人形」の行事です

a6a8ad7a.jpg
   

 

輪くぐりとは

茅輪をくぐったり、チガヤを頂くのは、素盞鳴尊様が旅行中、蘇民将来の家に一夜の宿をした所、厚遇を受けました。
そのお礼に夏の疫病より身を守るのほ腰に茅輪を着けるが良いと言って立ち去りました。
その後、疫病が蔓延したので蘇民将来の家で茅輪を着けた所、疫病に罹らなかったと言う故事によります。

fc477318.jpg
    

 

輪をくぐる時
年毎の名越の祓する人は千歳のよわい延ぶと言うなり
この歌を口誦みながら参拝すると、半年の厄除けを始め、夏虫、頭痛、暑気当たり 熱中症から免れると言われてます。

9b6cab8e.jpg

   

 

輪をくぐり、二礼二拍手一拝

92742386.jpg

太鼓を叩き、左回りに回って

357b50fe.jpg

b5731391.jpg

   

神職さんより御祓いをいただき

33a4841f.jpg

 

出ます 

   

私達、とっておき!那須烏山スタッフも、日頃の罪穢をお祓いし、清めて頂き、健康に過ごせるよう、輪くぐりをしてきました

c8b968cb.jpg

        

同じく7月1日(月)

夕方5時より、八雲神社をスタートに【奉告祭(ほうこくさい)】が行われました[E:sign03]

当番町の小屋台の両側に今年の芸題を掲げ、

笛、太鼓、鐘の音のお囃子とともに各町内を歩いて町内を廻ります[E:recycle]

今年の当番町 鍛冶町の子屋台が八雲神社に到着しました[E:sign01]

dae4ac76.jpg
 ee2802aa.jpg

今年から付けたという”飛龍”が乗っていました[E:eye]

d006da75.jpg

キリッと睨みをきかしています[E:coldsweats02]

603cb2e5.jpg


かっこいいです[E:confident]

宮司さんによって奉告祭の安全祈願が行われ[E:shine]

d045ee2d.jpg
 5be9b507.jpg

5時30分
朝方つけたお注連建をくぐり、各町へ出発していきました[E:run]

da556427.jpg
 05d94b03.jpg


今年の芸題は【戻り橋】です[E:sign03]

ab707f38.jpg



午後7時頃
金井町の若衆さん達に迎えられている風景です[E:cherryblossom]

6772817b.jpg

那須烏山スタッフの橋本さんも金井町の若衆さんです[E:happy02][E:up]


35018b64.jpg

この夏はどのスタッフよりも山あげ祭の楽しさや大変さを体感する事でしょう[E:impact]

暑さに負けず頑張って下さい[E:sign03]

さて。

若衆さん達は、自町に屋台が来ると、

こうして拍手で迎えて一緒に屋台をひき町の中を練り歩きます[E:run][E:recycle]

95abc0b6.jpg
 d6308d15.jpg

363c4ec7.jpg
 ef894b07.jpg


若衆でなくても、地元の方は家から出て皆で迎え、

お囃子の音に胸躍らせ、山あげ祭を心待ちにするのです[E:confident][E:heart01]

34467e5d.jpg
 c245c695.jpg

52696b2f.jpg
 18b8e9fd.jpg



1時間後には真っ暗になっていました[E:night]

こちら日野町に来た様子です[E:eye]

51e0cdda.jpg
 ca80bed3.jpg

feb66e98.jpg
 2b7585c8.jpg


今年の山あげ祭は7月26・27・28日です[E:sign03]

みなさん是非いらっしゃって下さい[E:happy02]

7月1日(月)
いよいよ7月に入り山あげ祭まで1カ月を切りましたね[E:happy01]

夏祭りが始まります[E:sign03]
という事で今日は早朝より、八雲神社で【お注連立式(おしめだてしき)】が行われました[E:sign01]7d5c8aa9.jpg
 303f032d.jpg


今年の当番町 鍛冶町の若衆さん達が鳥居前に齋竹(いみだけ)をあげます[E:sign01]

こちらは、神様をお迎えする為の準備として竹を設置し、聖域を作る意味があるそうです[E:shine]

竹の長さはおよそ10メートル以上もあり、2本の竹の間には幣束がつけられました[E:eye]

b443fd1e.jpg



他町の若衆さん達が見守る中、木頭さんの合図によって一気に竹があげられました[E:sign03]

52d8c50e.jpg
 851e738d.jpg


お祓いをした後、全町若衆さん達がお注連立の下をくぐりました[E:cute][E:cute]

b64f1230.jpg
 5f6089b9.jpg


8411140e.jpg
 58815cac.jpg



夕方からは、今年の芸題を各町に伝え回る【奉告祭】が行われます[E:shine]

6月9日(日)

那須烏山市 烏章館で山あげ祭に使う『土嚢作り』が行われていました。

今回の当番町は鍛冶町
世話人4名、木頭、副木頭以下若衆19名、合計25名で構成されています。

43d77b70.jpg

興野の方の指導を受けて作っていました。

ae4e8ab3.jpg
5c3b0553.jpg

79fae35f.jpg
b57a5771.jpg

砂を袋に入れて、編んだ俵に入れ、紐で結びます。

b1cea6fa.jpg
b1bc531f.jpg

見学させていただきましたが、紐の結び方も難しい。

6fa51d77.jpg
37afadbe.jpg

a269473f.jpg
f662273b.jpg

実際に、お祭では、このように使われます。

eaa9530a.jpg

何気ない道具一つも、若衆さんの手と心が込められています。

作業は、火曜・木曜・土曜の18:00~21:00に行われているそうです。
興味のある方は見学に来ていただきたいとおっしゃっていました。

お忙しい中、取材を受けていただきありがとうございました。

鍛冶町若衆団AED(自動体外式除細動器 )の講習会が行われました。

2e9d8b00.jpg
620a9f7d.jpg

呼吸や心臓が止まったときに大切な「AEDの使い方」を含む心肺蘇生法を学んでいただく講習でした。

6e26ba88.jpg
f402ff39.jpg

今までは、この自動対外式除細動器を使えるのは、医師や救命救急士の資格保持者に限られていましたが2004年からは私達のような一般人も使用することが認められました。

3a1da92c.jpg
1fce2fad.jpg

日本では年間、数万人もの方が心臓病で突然死しているそうです。
止まりかけた心臓は処置が早ければ早いほど、回復する可能性が高いとそうです。

救急車を呼んでいる間に処置が施せたらもっと多くの命を救えるのではないか?との理由から一般人の使用が法律で認められたのです

皆さん、真剣に講習を受けていました。

7981c381.jpg
78ca9d84.jpg

「皆さんが人を助けることで、自分も助けられる社会になる」というお話をしてくださいました。

   

↑このページのトップヘ