3月20日の最終回で、【とっておき!那須烏山】の番組が終了しました[E:sign03]

~富川~
3年間を振り返ってみて色々な思い出があります
私は那須烏山市民ではないのですが、毎日通っていて思ったのは、やはり皆さんもおっしゃる通り『那須烏山市は人が温かく、景色がいい』という事です。
取材先でも、皆さん笑顔で温かく迎えてくださり、みかんやお菓子を頂き、その心遣いがとても嬉しかったです。
イベントでは、例えばマラソン大会では市民がみんな協力して選手を応援しますし、市民運動会ではお年寄りから若者から子供までみんなが全力で競い、
そして山あげ祭りでも地域が一丸となって・・・とにかく、市民一人ひとりが人情味あふれ、結束力が強い事が印象的でした。
また、景色も空気もとても綺麗です
田園風景や、近代化遺産、那珂川を泳ぐ鮎や鮭・・・晴れた日には国見から富士山を見たり、雨上がりには山々に二重にかかった虹を見たり、たくさん感動した事を覚えています。
10分間の番組時間で3年間放送してきましたが、まだまだまだ放送しきれなかった那須烏山市のいいところがいっぱいあります。
そして、私自身もまだまだ知らない魅力がたくさんあると思います。
私は3年間那須烏山市に携わってきて那須烏山市が大好きになりました。

~橋本 渉~
自分は烏山に住み始めて2年が経ちます。
那須烏山市に住んでて良かったなと思います。
那須烏山市には良い所がたくさんあります。
市内外の人たちも「自分だけの那須烏山の良い所」を見つけてみて下さい。

~藤田 雅彦~
前の仕事で挫折し、そんな時暖かく迎え入れてくれたのが栃木放送であり、とっておき那須烏山でした。
少しでも那須烏山市の為になればというアツイ気持ちで取材や放送をしてきた中で、たくさんの人に出会い、たくさんの笑顔に触れることができ、すごく充実した毎日でした。
ラジっちゃうのスタジオで関谷さん福嶋さんと番組ができたことが、今では夢のような幸せな時間だったと感じています。
これから違う仕事をすることになりましたが、今の自分の夢は、栃木放送に帰ってきて高校野球に携わる仕事がしたいと思っています。
今までお世話になった那須烏山市の方々、栃木放送の関係者に感謝しています。そしてこれからも誰かの笑顔の為に頑張っていきます。

~折原 恵美~
『とっておき!那須烏山』は、2010年の6月に始まり3年。
番組の最終回を迎え、今日は、出勤の最終日。
本当でしたら、こちらからご挨拶に伺わないとならないのに、お世話になった方々が来てくださいました。ありがとうございました。
取材を通し、大勢の那須烏山市の方々と関わり合いがもてたこと感謝しています。
たくさん知り合いも増え、何かと助けていただきました。
また、住んでいても知らなかった那須烏山市の新たな発見がたくさんありました。
番組をお聞きいただいたみなさま、ご出演いただいたみなさま、関係者のみなさま、本当にありがとうございました。
ここ数日、事務所の荷物を整理しながら3年間を振り返り、ちょっと寂しくなりました。