8月31日(金)

昨年の震災により被災した南那須給食センターが、

荒川中学校入口に新しく生まれ変わりました[E:sign03]

Dsc07351 0fd4b38a.jpg

今日はその【那須烏山市学校給食センター】の開所式がありました[E:happy01]

9e3f5fbd.jpg

こちらの給食センターは烏山小・烏山中学校の給食共同調理場を集約してできたものです。

中はこんな感じになっています[E:recycle][E:eye]

衛生面では、調理工程ごとに

汚染作業区域(検収室・食品の保管室・下処理室・食器食缶の回収洗浄室)と、

非汚染作業区域(調理室、アレルギー室・配膳室・食器食缶の搬出)

その他の区域を部屋単位で区別し、

人が直接汚染作業区域と非汚染作業区域に行き来できないようになっていたり

アレルギー食材には専用室・器具・調理員を配置し、個別管理をしたり

安心・安全な食事作りを徹底しています[E:shine][E:paper]

例えばこちら

4fdb5bea.jpg

開閉センサーが足元についているドアです[E:shoe]

ドアを直接触れない事によって細菌がつかないようにしています[E:wink]

さて、

今回の開所式にあたり大谷市長は

待ちに待った給食センターが出来ました。

教育文化の町として時代のニーズに合わせ、近代的で衛生が整った施設です。

ここで作られた給食を美味しいと笑顔で食べる子供たち、

21世紀に羽ばたく子供たちの食育を盛り上げていきたいです】とおしゃっていました[E:cute][E:confident]

7ef258b0.jpg

テープカットの様子です[E:hairsalon]

70edeadb.jpg

その他、行政、市議会議員、建設会社、小中学校長、教育長など約100名が参加し、

式の後には、施設内を見学しました[E:pencil][E:eye]

a3bca97d.jpg
b700e8a3.jpg

19724544.jpg
ade606fc.jpg

その後は[E:shine]給食の試食[E:shine]です[E:lovely]

76e5235e.jpg
43035256.jpg

643fcd79.jpg
66f39301.jpg

本日配られたメニューはこちら[E:restaurant]

7e9d5e31.jpg

赤飯・ハムステーキ・ほうれん草とコーンのソテー・ピリ辛みそ汁・牛乳・冷凍パイナップル

です[E:heart04]

こちらは小学校中学年用の量で791キロカロリーとの事でした[E:sign01]

美味しそうです[E:catface]

73a69f90.jpg

・・・ジュルリ[E:pig]

味はもちろんとっても美味しいようで、皆さんぺロっと完食していました[E:bleah]

最大で1日約3,000食もの給食が作れるというこちらのセンターで作られた給食は、

9月3日から本格的に内の小・中学校[E:eight]校へ給食の提供を開始します[E:scissors][E:school]

ef2c270d.jpg

子供たちも益々学校が楽しくなりそうですね[E:sign03][E:happy02]